Month: August 2019
避妊方法は色々なやり方がある

避妊方法は、色々とありますので、確実な方法を選んでみるとよいでしょう。 まず、避妊の方法でもコンドームを使う方法は手軽に行いやすくなっています。 コンドームでも、一般的になっているのが男性用のもので、男性器に専用のゴムを装着することにより、膣内への精液の侵入を防止することができます。 この方法では、コンドームも手軽に購入しやすくなっているため行いやすくなっているものの、正しい装着方法について知っておかないと、失敗するリスクも存在しているのです。 コンドームについては、男性用の他に女性用のものも存在していますが、膣内に装着しなければいけないため、手間もかかってくることになります。 他にも膣内に避妊薬を挿入することでも、避妊することができます。 この方法では、精子の働きを抑制する成分を、膣内に挿入していくのですが、効果も限られているため、コンドームと併用して使用していくことになるのです。 コンドームだけでは不安という時には、役立ってくるでしょう。 これらの方法でも、避妊を行うことができますが、より確実性の高い方法を求めたいときには、アイピルをはじめとする避妊ピルを利用することで、妊娠する可能性を低くすることができます。 ピルについては、排卵自体を抑えることができるため、ほぼ100%の確率で避妊することが可能です。 ピルの中には、一定期間飲み続けることで排卵をコントロールできるタイプとアイピルのように、性行為を行った後に緊急用として飲むタイプが存在しています。 常に妊娠しないように気を付けたいときには、低用量ピルを飲むとよいのですが、急な性行為により妊娠する可能性が高くなった時には、アフターピルとしてアイピルを用いてみるとよいでしょう。

2019年08月30日
ピルがあればコンドームは不要?

アイピルを服用すれば、妊娠してしまう心配なく性交を行えるようになってきます。 避妊に失敗してしまった時でも、アイピルを服用すれば妊娠する可能性も少なくすることができますが、この効果に安心しコンドームを利用しないでいると、性感染症にかかるリスクが大きくなってしまうのです。 アイピルの効果について過信することで、コンドームをつけずに性交を行ってしまいますが、無防備なままで関係を持つことで、性感染症の治療を受ける必要が出てくるのです。 症状によっては、一度の通院だけでは完治させることができず、長期間にわたってクリニックに通わなければいけなくなり、生活の面でも影響が出てくるでしょう。 また、性感染症の中には、症状として出にくいものも存在しており、不妊や生殖機能の病気に発展してしまうこともあり得るのです。 アイピルを服用するときには、コンドームを使用したときの失敗を原因として利用するようにしましょう。 アイピルについては、予期せぬ妊娠を防止してくれますが、服用することで体にも大きな負担をかけることになってきます。 飲むことにより生理を引き起こしてくれるため、妊娠する心配はなくなるものの、強制的に体のサイクルを変えていくため、頭痛や吐き気など体にも症状が起こることもあるのです。 コンドームを付けずに、毎回アイピルを服用していれば、体のサイクルが崩れてしまい生理不順にもなりやすくなりますし、不正出血など、女性の体にも大きな異変が出てきやすくなってきます。 女性の体だけではなく、男性の体を守るためにも、性交を行うときには必ずコンドームを付けて行うようにしましょう。 お互いへの思いやりを持つことにより、心身の健康を守れるようになってきます。

2019年08月14日