• ホーム
  • ピルがあればコンドームは不要?

ピルがあればコンドームは不要?

2019年08月14日
薬を飲む女性

アイピルを服用すれば、妊娠してしまう心配なく性交を行えるようになってきます。
避妊に失敗してしまった時でも、アイピルを服用すれば妊娠する可能性も少なくすることができますが、この効果に安心しコンドームを利用しないでいると、性感染症にかかるリスクが大きくなってしまうのです。
アイピルの効果について過信することで、コンドームをつけずに性交を行ってしまいますが、無防備なままで関係を持つことで、性感染症の治療を受ける必要が出てくるのです。
症状によっては、一度の通院だけでは完治させることができず、長期間にわたってクリニックに通わなければいけなくなり、生活の面でも影響が出てくるでしょう。
また、性感染症の中には、症状として出にくいものも存在しており、不妊や生殖機能の病気に発展してしまうこともあり得るのです。

アイピルを服用するときには、コンドームを使用したときの失敗を原因として利用するようにしましょう。
アイピルについては、予期せぬ妊娠を防止してくれますが、服用することで体にも大きな負担をかけることになってきます。
飲むことにより生理を引き起こしてくれるため、妊娠する心配はなくなるものの、強制的に体のサイクルを変えていくため、頭痛や吐き気など体にも症状が起こることもあるのです。
コンドームを付けずに、毎回アイピルを服用していれば、体のサイクルが崩れてしまい生理不順にもなりやすくなりますし、不正出血など、女性の体にも大きな異変が出てきやすくなってきます。
女性の体だけではなく、男性の体を守るためにも、性交を行うときには必ずコンドームを付けて行うようにしましょう。
お互いへの思いやりを持つことにより、心身の健康を守れるようになってきます。

関連記事